おまとめローンの審査は通りやすいのか?調べてみた

プロミスのキャッシングやカードローンなどの貸金業は、法律によってきちんと管理されています。例えば数年前の改訂では利率は20%から18%に制限され、それに合わせて業界全体の金利が下がったことがあります。しかし実情としては、利息上限法では最大で18.0%での貸付が認められているのに対し、出資法ではそれを超える29.2%以下で貸付ができるという状態でした。 「普通免許では10人乗りまでだけど、大型免許なら30人以上乗せても良い」のと同じで、違法ではありません。でも11%以上違うと支払額が全然違うでしょうね。一般に、この金利の差をグレーゾーン(金利)と呼んでいます。 「過払い金請求」のCMでは詳細について語られていませんが、利用者が払い過ぎた金利部分を弁護士などを通じて返還請求を行うものです。 裁判所はたいてい業者より債務者寄りの判断をするため、多くの人が返金を受けています。カードローンやキャッシングなどで、複数の会社から借り入れを行っていると、利息部分が増加してくるので毎月の返済が負担に感じられることもあるでしょう。おまとめローンが必要になるのは、そんなときです。 複数のローンを1本に集約できるので管理しやすくなります。 最近増えてきたサービスですが、それだけ利用者が多いということです。 一か所にまとめれば手数料は確実に減りますし、いままで払っていたより少ない利息で済んだりと、利用するメリットは高いと思います。 プロミスのキャッシングを審査をやらないで利用したい、またできるだけ審査が比較的少ないところで借りたいなどといった悩みを持っている人も多数おられると思います。 銀行のようなところは、一般的に厳しい審査となっていますが、消費者金融などでは案外甘い審査でプロミスのキャッシングのできるケースがあります。複数の業者とキャッシングの契約を結べば、その分、多くのお金が借りられると考える人もいます。 実際にどれくらいの業者と契約できるかは、その人の職業や収入など、社会的信用度の高さで判断されます。 しかし、複数の業者を一度に利用しようとすると、最悪の場合、多重債務者として信用機関に登録されてしまうかもしれません。 また、無事に契約できたとしても、複数契約は返済が複雑になります。おまとめローンなどを使って一本化しようと思っても、4社を超えるキャッシングを利用していると、審査での評価が厳しくなるでしょう。 今後も金融機関などとローン契約を結ぶつもりがあるのなら、安易に複数のキャッシング業者と契約を結ばないようにして下さい。
おまとめローン審査が通りやすい?おすすめの銀行【審査甘い?】