おまとめローンの審査は通りやすいのか?調べてみた

銀行にはおまとめローンという商品は意外と少なく借り換えローンやフリーローンと言う名前の商品が多いです。

銀行は総量規制という上限がないので銀行の与信枠内なら追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融の場合、総量規制の特例貸付を適用していることから、返済専用のローンなのです。

又、銀行のフリーローンなら、事業用資金以外であれば使い途は自由なのですが消費者金融のおまとめローンは貸金業の返済だけに限定されています。

銀行のおまとめは消費者金融と比べた場合、低金利で高額融資なのですが消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行と比較すると見劣りするのは否めません。

ですが、消費者金融のおまとめローンならば比較的審査に通りやすいですし審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。

おまとめローンは頻繁に利用するものではありませんから利用に際しほとんどの方が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類、メリットやデメリットなどの疑問はおまとめローンを提供している金融機関の「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金総額がいくらになったら、おまとめローンを検討するべきかなどの一般的な質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して探してみましょう。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のおまとめローンの比較なども記載されていますし金利やサービス内容についても比較しているので金融機関のサイトでは得られない情報がゲットできます。

審査に通るコツや、落ちてしまう人の傾向など有益な情報も多いのでおまとめローンを利用するなら、必ずチェックしておきましょう。

「はじめてのアコム」でお馴染みのアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンという商品名のキャッシングローンがあります。

消費者金融カードローンは年収の1/3を超える融資はできませんがおまとめローンのように利用者のメリットが明確な場合は例外貸付が適用されます。

一方的に利用者が有利になることが前提である例外貸付とは貸金業からの返済にだけ利用することができます。

アコムの借換え専用ローンは融資の最高額が300万円ですが、借換え専用ローンの金利は一般向けローンよりも高い設定です。

借り入れた資金の使い道は貸金業者への返済に限られておりショッピングローンの返済には使う事ができません。

何件もの金融業者から借り入れがあると借入残高を管理するだけでも一苦労ですね。

借入件数が多い人は借入れ可能額が低いために借入件数が増えたのだと思います。

カードローンは借入限度額が高くなるほど金利が低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが効率的です。

しかし、多くの金融機関では多重債務者は歓迎されませんから全ての借金を完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

しかし、おまとめローンは多重債務者が一方的に有利になる借り換えなのでまず、審査を受けることをおすすめします。

おまとめローンを利用すると利息を減らすことができると言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしているためです。

しかし、おまとめローンを組むことで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前に金利の計算をして確認しておいたほうが良いです。

おまとめローンを提供している金融機関では自社のホームページに返済シミュレーションを設けています。

利用中のローン会社の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の返済額や返済増額が表示されるため簡単に比較できます。

消費者金融と比べて銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行でおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションを利用して正確な金利を計算することが重要です。

おまとめローンは多重債務者が借入先を整理するために新規に融資をしてくれる所を見つけてこれまでの借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというローンはこれまで借りていた金利よりも低金利のローンから借り入れて今までの借金を一括返済し、借金を一本化した状態で返済していくことになります。

両者は金融上の定義づけは違うのですが、厳密に区別されるといったことはなく借り換えローンというサービス名でおまとめローンを提供しているといった金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高く、銀行は審査が厳しいと言われていますが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

両者の決定的に異なる点は、消費者金融のおまとめローン・借り換えローンは追加融資はできないのに対し銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同様に限度枠内なら何度でも借入や返済が可能なのです。

おまとめローンを利用することでバラバラだった返済日が1日になるので管理が楽になります。

おまとめローンにも一般のカードローンと同じ審査がありますが借入金額が大きいために審査が厳しく通常のカードローンよりも金利が高い商品が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を実例で比較しますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

どちらの金融業者のおまとめローンを利用するにしても毎月の返済額を抑えると負担は減りますが返済期間が長期化します。

返済期間が長くなるということは支払う利息も多くなるのでおまとめローンを利用する前よりも返済する金額は大きくなってしまいます。

おまとめローンの手続きを円滑に進めるために必要になる書類と手続きの仕方についてご紹介します。

必須の書類としては本人確認書類があり通常は運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類を使用します。

現在の借入状況を証明する書類の有無はおまとめをする金融機関によって違うのですが消費者金融の場合は総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要となります。

収入証明書は借り入れを希望する金融機関によって異なるのですが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上のローンを組む場合に必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですのでおまとめローンを検討している方は、早めに用意する手続きをとっておくことをおすすめします。

おまとめローンの手続きで一番簡単な方法はweb完結というインターネットを使った手続きです。

参考:おまとめローン審査が通りやすい?おすすめの銀行【審査甘い?】

ローン手続きを他人に見られるのは気まずいと思う人には最適ですし24時間受付けているので、忙しい人でも余裕を持って申し込むことができます。

web完結とweb申し込みは間違えがちですがweb完結なら必要書類を撮影しネットで送信すれば完了です。

web申し込みは審査結果を受け取るまではweb完結と同じですが必要書類を持参して店舗へ出向いて契約する金融業者もあります。

web完結なら自宅で気軽に手続きができるだけでなく電話連絡や郵送物をなくすことができるローンもあるので家族や身内にバレる心配もありません。

おまとめローンとは複数の借金を1つにまとめることで毎月支払う返済額や利息の負担を下げるという利点があります。

しかし、利息や返済金額を抑えることができても返済方法を見誤ると、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組めたとしても元本は変わりませんので毎月の返済額を引き下げるとなると返済期間は長くなります。

返済期間が長くなればなるほど支払う利子も増えてしまいますので返済する総額は、おまとめ前より多くなってしまうのです。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型なので追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いので、追加融資が受けられることから借入額が増えるリスクもはらんでいます。

おまとめローンに申し込んでみたものの審査に落ちたという人はいませんか?その原因を明らかにしなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちる可能性があります。

おまとめローンは年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額などが審査されこれらの条件全て問題が無いということになれば審査に合格することができます。

年収は多い方が有利ですが、肝心なことは借入総額とのバランスで借り入れ希望額が年収のうちある程度の割合で収まっているようであれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先や勤続年数については公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高くフリーターや入社1年未満という人は評価が厳しくなります。

個人信用情報は借り入れや返済状況を照会して審査される項目で過去に自己破産を経験していたり返済の遅延があった人などは厳しく審査されることになります。

おまとめローンというものは複数の借入れ先を1つにまとめることができるローンで複数社に返済することでバラバラだった返済日を1日にまとめることができますし、月々の返済額を低くすることができます。

月々の返済額が減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますがおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長期化すれば、長くなった分だけ金利は発生しますから返済する総額はおまとめする前より増えることになります。

一方で、与信限度枠が高ければ適用金利が低くなりますのでおまとめローンを組んだ際に、高い与信限度額で無事承認されれば、現在よりもずっと低金利で融資を受けられることになります。

そのため、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションすれば返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。

おまとめローンという商品は埼玉りそな銀行にはありませんがおまとめローンにも使えるフリーローンがあります。

最高借入れ限度額は10万円から300万円で金利は6.5%から14.0%来店不要で契約できるのもおすすめポイントです。

消費者金融ではありませんから総量規制は関係ありませんし、年収による申し込み規制もありませんから、パートでも申し込むことができます。

満20歳以上で完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入がある日本に在住している人なら申込はできますが専業主婦の方は申し込むことができません。

りそな銀行には「プライベートローンJ」の上位にあたる「りそなプレミアムフリーローン」もありますが最低年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

「君たちやっぱり・・」のCMでお馴染みのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンという商品名のキャッシングサービスがあります。

消費者金融カードローンですが、大きな違いは年収の1/3を超える貸し付けも認められていることや追加融資ができない返済だけのカードローンということです。

利率は6.3から17.8%と最低金利が高めの設定ですが最短即日融資、無担保ローンという消費者金融のメリットは健在です。

最大限度額が300万円以下という上限がつきますが申込資格は20歳から65歳以下で安定継続した収入がある人だけなので勤務形態の規制はありません。

現在の借入先に返済の振り込みをしてくれるだけでなく代行手数料や完済金の振込手数、繰り上げ返済手数も無料なのでメリットは大きいです。

複数の借入れを1つにできるおまとめローンは借入れ残高の管理がしやすくなり、場合によっては金利も押さえることができます。

おまとめローンは効率的で多くのメリットがありますがデメリットも多く存在するので利用する前に熟知しておく必要があります。

通常のカードローン審査と同じようにおまとめローンにも審査がありますが、希望する借入金額が大きいので、当然、審査は厳しくなります。

収入が減ったので毎月の返済額を下げたいという人は返済が長期化しますから、利息の総額は多くなるのは自覚しておくことです。

月々の返済額が少なくなると気持ちに余裕が出てくる人もいるようですでに返済が終わった業者から勧誘を受けると、再び借り入れてしまう危険もあります。