レイクアルサの審査は甘いのか?調べてみた

お金を融資してもらう方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているカードローンとレイクALSAが提供しているカードローンの2種類があります。

銀行カードローンのメリットはなんといっても金利が低く、貸出限度額も大きいのですが審査が厳しいこともあり、属性が高い人におすすめしたいカードローンです。

一方、レイクALSAのキャッシングは利息が高めで、最大貸出限度額も低く、年収や他社からの借入の状況によっても限度額が大きく変化します。

このことから、レイクALSAの方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、銀行カードローンと比べるとレイクALSAのキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめできます。

レイクALSAのキャッシングなら審査結果の通知も早いですし、即日融資も可能なので今すぐお金が必要!というときに利用されることをおすすめします。

ローンを組むことができる金融機関には以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが近年は銀行でもカードローンが取り扱われているので短時間で借りられるようになりました。

利益を獲得しています。

消費者金融と銀行の金利を比較してみると一般的にはレイクALSAの金利の方が高いと言われています。

しかし、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンもありますから一概にレイクALSAのほうが金利が高いとは言えません。

複数の消費者金融から借金をしている人のことを多重債務者と言って金融業界からは目を付けられています。

冠婚葬祭が重なってしまったなど予定外の出費に、給料日までお金がないということがあると思います。

そんな時、レイクALSAならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で審査時間が短く借り入れることができます。

最初は不安に思っていても、一度カードローンを利用すると簡単に現金を入手することができるので預金を引き出す感覚で、際限なく借りてしまう人もいるようです。

すると、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちする羽目になりますから注意して下さい。

一般的にレイクALSAのキャッシングの金利というものは銀行カードローンよりも高金利となる場合が多いです。

レイクALSAのキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので、レイクALSAのキャッシングと比較すると明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額はレイクALSAの場合、500から800万円が一般的ですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円まで借り入れることが可能です。

反面、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますがレイクALSAのキャッシングは事業用資金に使用を認められていることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、レイクALSAの場合は預金機能がありませんので、面倒な条件もありません。

お金を融通してくれる金融機関はたくさんありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。

一般的にノンバンクと呼ばれているものは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内に限りキャッシングサービスの提供も行われています。

一方、消費者金融とは貸金業専門になり限度枠内ならば借り入れと返済が何度でも可能となることが特徴です。

消費者金融と銀行の異なる点は審査時間の長さです。

銀行は金融以外にも保険など幅広く商品を展開しています。

金融機関で高評価を獲得している理由は金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。

ですが、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で他社との違いを出すのは難しく借入限度額に関しては、借り手の経済力も影響するので大きな要因ではないと思われます。

人気ランキング上位のデータを見比べてみてもどの消費者金融も審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差はありません。

そのようなことよりも、簡単に手続きが完了するかということや自動契約機があること、提携ATMが多いことがランキング上位の条件のようです。

そのほか、CMに起用されているタレントさんやCMから伝わってくるイメージも大きく影響していると思います。

レイクALSAのキャッシングと銀行のカードローンには違いがあります。

レイクALSAのキャッシング、銀行カードローンそれぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

レイクALSAのメリットはずばり審査時間が早いといったことなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

参考:レイクアルサの審査は甘い?厳しい?即日審査の窓口【スマホ対応】

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という法律によって規制されているのですが貸金業法にはこれまでなかった総量規制というものがかけられるようになりました。

これは、借り過ぎを防止するために設定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのように有担保ローンは除外されキャッシングなどの無担保ローンに適用される規制です。

近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる、いわゆるウシジマくんのような世界でした。

当時はバブル絶頂で金銭感覚が狂ってした人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金や街金で借金を繰り返していました。

借りたお金は利息をつけて返さなければならないのですが気軽に借金する人ほど目先の事しか考えていませんので返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は全力で全額回収を迫ってきますのでウシジマくんさながらかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので以前のように反社会的集団的と思われる人が自宅に押しかけてきて取り立てるということはありませんのでご安心ください。

カードローンの仕組みを紹介します。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中で何度でも借り入れや返済を行うことができるキャッシングローンです。

各社ごとに決まった日時に残高に対しての利息が計算されて月毎の返済日に必ず引き落としされるという約定返済が基本の返済方法です。

引き落される金額は借入した残高によってランク分けされていてその金額内で利子を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられるということです。

ですから、利息の計算日までに極力元本を減らしておくこのが利息を安くする一番有効な方法なのです。

返済する方法として約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

レイクALSAのキャッシングのメリットといえば簡単に借り入れることができ好きな時にATMで返済できるので借金をしている感覚を感じさせないほど審査時間が短く利用することができます。

カードローンは非常に便利なものなのではありますが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなる可能性もあるのです。

住宅ローンは長期に渡って返済していくローンですからローンを組む人は金銭的に安定していることが絶対条件になるのです。

ですから、カードローンを使用し続けているという方は常に金欠状態と判断され事前審査すら通らない確率が大きいのです。

完済していてもローンカードを持っているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む場合には、カードローンは解約しておくことをおすすめします。

住宅ローンには保証人や担保が必要ですがカードローンやクレジットなどの少額ローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が起きる可能性はないかをきちん審査する必要があります。

これに対して、カードローンやクレジットカードなどのローンは住宅ローンほど大きな融資にはなりませんし、返済期間も比較的短期です。

ですから、個人の信用だけで借り入れることができますし保証人や担保も用意しなくても良いのです。

何より、保証人を立ててしまうと審査に時間を要するためカードローンの良さであるスピード感が失われてしまいます。

消費者金融は借りる時は簡単だけれど返済が遅れると怖いというイメージを持つ人は多いと思います。

数十年前は、法律を無視した怖いお兄さんによる強引な取り立てが多かったのですが近年は消費者金融も法律を守るように改善されたので、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンと比較すると高めですが提携ATMの数は銀行よりも格段に多いです。

そのため、借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行える上にATM手数料が無料というところが多いので銀行カードローンよりも便利だったりします。

また、レディースローンを用意している消費者金融もたくさんあるので女性でも安心して相談や申し込みをすることができます。

比較的簡単に借入ができるとされている消費者金融ですがその審査時間の短さは目を見張るものがあります。

審査にかかる時間が長いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者だってご存知でしたか?貸金業法が改正されたことにより大口融資ができなくなってしまった消費者金融業者の大半は銀行の保証会社となることで銀行グループの傘下にはいりました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査の能力やシステムを比較した場合レイクALSAの方が各段に上手(うわて)です。

銀行為替や預金などの業務の一部として金融も行っているにすぎないため融資を本業とするレイクALSAの方が、与信審査の専門性が格段に高いと言えます。

最近の消費者金融業界は法律改正効果やCM効果によってブラック企業という悪いイメージは拭えているのではないでしょうか。

最近は就職先としての人気もうなぎ上りのようなので消費者金融業界の仕事内容や労働条件を紹介しましょう。

審査時間の長さについて紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などの成果を上げるとボーナスという形で評価されます。

カードローンの新規申込の方法はいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットによる申し込みが可能です。

郵送の場合は、店舗や電話にて申込書をもらい必要事項を記入しましたら返送し、審査の結果を待ちます。

無事に審査通ったら、本人確認証明書や口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。

ちなみに、ネット経由の申し込みではレイクALSAのサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。

メールにて審査に通過したという連絡が来たらそのメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップすれば審査完了となる「web完結」が主流です。